シミを隠して若々しく|抜かりないケアが最重要|30代におすすめの化粧品で美肌に変貌
女性

抜かりないケアが最重要|30代におすすめの化粧品で美肌に変貌

シミを隠して若々しく

クリーム

コンシーラーのタイプ

年齢を重ねるにつれて、お肌にシミやシワなどのトラブルが増えてきます。出来ればシミそのものを消すことが出来るのが理想ですが、期間も費用もかかってしまいます。シミがあると老けて見えますし、透明感も無くなります。とりあえず、メイクでシミを隠しておけば、精神的にも楽になるかもしれません。シミ隠しには、コンシーラーが効果的でしょう。コンシーラーには、様々な種類があるので、その商品選びも重要です。きちんとシミ隠しをしているものを選びたいです。コンシーラーには、ペンシル、スティク、クリーム、リキッド、筆タイプと種類があります。シミの種類によって、コンシーラーを使い分けるとお肌もキレイに見えます。ペンシルタイプとスティックタイプは、油分が少なめで皮膚に密着します。伸びにくい性質なので、小さなシミをしっかりと隠します。

目的別で使い分けを

クリームタイプやスティックタイプのコンシーラーは、伸びやすくお肌に吸着しやすいです。しかしシミ隠しのカバー力は少ないので、濃いシミにはお勧めできません。伸びはいいので薄くて広範囲に渡るシミに使うと良いでしょう。またリキッドタイプや筆タイプは伸びがよく塗りやすいので、目元や口元などのヨレやすい箇所に塗るのがおすすめです。そしてコンシーラーの色ですが、シミ隠しの箇所や目的によって変えると、より自然な仕上がりになります。シミ隠しに使用する場合は少し暗めの色を使うと肌になじみやすく、ナチュラルに仕上がるのです。明るめの色だと、逆にコンシーラーが浮いてしまうことがあります。肝斑などの大きなシミにも、明るめの色味の方がおすすめです。ニキビ跡などの赤みを持ったシミには、明るめのイエロー系の色味がぴったりです。